Wavefitter(ウェーブフィッター)

見えないオシャレ。
新発想のネクタイピン。

近年、使ってる方が減少していると言われる「ネクタイピン」。
必要性はあるのに使わない。その理由を考え抜いて開発した『ウェーブフィッター』

新発想のネクタイピン Wavefitter(ウェーブフィッター)

ネクタイピン、使ってますか?

最近は、仕事でネクタイをされている方もネクタイピンを使っていない方が多くなってきていると言われています。
イメージとして年配の方が利用されているイメージが強く、敬遠されている方も多いようです。
また、ネクタイピンをどこかに引っ掛けて失くしてしまうといったこともあります。
でも、実はネクタイピンはとても便利なアイテムなのです。

ネクタイピンはどうして必要?

例えば、食事の時
例えば食事の時に・・・

ネクタイピンを使っていない方、食事を取り分けたり、お酌をする時に料理にネクタイが触れそうになった経験はありませんか?
ネクタイピンを使っていないと、ネクタイがブラブラして食事に触れてしまうかもしれません。
ネクタイが汚れることはもちろん、衛生的にも良くありません。
テーブルマナーとして、ネクタイピンは必要なのです。

例えば、仕事中

仕事中もネクタイピンは必要です。
ネクタイがブラブラしていると、書類で汚れたり、擦れてしまいます。
ネクタイピンをしていないと、せっかくのネクタイの生地の劣化が早くなります。
また、挨拶で礼などをする時にも気になりますね。

例えば、洗面所でも

ネクタイピンをしていると洗面台で水に濡れてしまったり、汚れてしまったりといったことが防ぐことができます。手を洗う時など、ネクタイを肩から後ろに回して、濡れるのを防いでいる方もよく見かけられます。
ネクタイピンをしていれば、そのようなことをする必要がありません。

そこで、カミカワ服飾は考えました

このように便利なアイテムのネクタイピン。
しかし、現在はファッションの好み失くしてしまうなどで使う方が減っている状況です。
ネクタイピンがなくても、このようなネクタイのストレスをなくすことができるよう考えました。
そこで生まれたのが、「WaveFitter(ウェーブフィッター)」です。

見えないネクタイピン Wavefitter(ウェーブフィッター)

取り付けも簡単です!

表からは見えないので、ファッションの邪魔をしません。
ネクタイがブラブラしないため、邪魔になることはもうありません。
お辞儀の時など前たれしないので、印象がアップします。
ネクタイピンを選ぶ、お通夜や葬儀の際も表からは見えないのでお使いいただけます。

こんな方にご好評いただいています

上着を着ない職場の方
外食産業スタッフの方
セレモニースタッフの方
制服着用のお仕事の方
  • 食事や宴席に関わる方には、前たれがしないため、衛生的にも安心。ご好評いただいています。
  • 荷受け作業など身体を動かすお仕事などには、ネクタイが邪魔になりません。
  • 警備などのお仕事では、ネクタイピンの紛失が付き物。Wavefitterなら、なくなることはありません。
arrow_down

業務に集中できます!

簡単装着「Wavefitter」

ウェーブフィッター用パッケージout

①ウェーブフィッターをネクタイリボンの下から通す。

 

ウェーブフィッター用パッケージout

②ウェーブフィッターを切り込みに通し、ストッパーまで引く。

 

ウェーブフィッター用パッケージout

③ボタン穴3ヶ所の内、1ヶ所をシャツボタンにはめ込む。

 

細かいところにこだわって作っています

ネクタイを知り尽くしたカミカワ服飾ならではのこだわりを持って作っています。

  • 一度取り付けたらそのままでOK! ネクタイピンのように紛失の心配はありません。
  • 毎日使うものですので、シャツボタンへはめ込みやすいように形状を工夫しています。試行錯誤の結果がウェーブ(波)状の形になりました。
  • 耐久性・安全性にもこだわりました。伸縮性のある素材を使用し、万一ネクタイを物に引っ掛ける事があっても安心です。

各色バリエーション揃っています

wavefitter_buy_01

カラー:白/SD-1

カラー:黒/SD-99

カラー:黄緑/PS-22

カラー:エンジ/PS-18

カラー:ピンク/PS-92

カラー:グレー/SD-92

カラー:黄/PS-51

カラー:ブルー/PS-32

ご購入ご検討のお客様へ

Wavefitterは、下記店舗で販売をしております。
遠方の方は、カミカワ服飾にてお電話・FAXにてご注文を受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

株式会社カミカワ服飾
岳温泉
陽日の郷(ゆいのさと)あづま館売店
いわき・ら・ら・ミュウ
『ラ・メル』
PAGE TOP